住吉誠・鈴木亨・西村義樹(編)『慣用表現・変則的表現から見える英語の姿』(開拓社, 2019)

本書は、2017年11月に開催された日本英語学会でのシンポジウムでの報告を中心に、その他の研究論文も加えて編集されたものです。冒頭に、「慣用表現・変則表現とはどう考察されてきたか」というタイトルの編者3名による序論がついています。

関連図書として、住吉誠(著)『談話の言葉2 規範からの解放』にもリンクを張っておきます。 (Castlecliffeのブログへのリンクになります。)

現代アメリカ英語のrumor

家入は、本書の第2章を分担執筆しました。書誌情報は、以下のようになります。

家入葉子. 2019. 「現代アメリカ英語のrumor―Corpus of Contemporary American Englishの分析から―」住吉誠・鈴木亨・西村義樹(編)『慣用表現・変則的表現から見える英語の姿』pp. 18-34. 東京:開拓社.

Mark Davies提供のウェブコーパス、COCA (Corpus of Contemporary American English) の一部を用いて約1000例のrumorを収集し、そのコロケーションを中心に分析した論文です。名詞のrumorと共起する動詞、形容詞、名詞を中心に分析しました。また、数は少ないですが、動詞のrumorについても受動態で使用される傾向がどれほど強いかなどを議論しています。