OEDと語源辞典

OEDは通史的な視点から編纂された辞書

  • The Oxford English Dictionary は、語の意味変化だけでなく、スペリングの変化や構文の変化など、英語史にかかわるさまざまな情報を、豊富な例文とともに提供してくれます。
  • OEDで使用されているabbreviationsについては、こちらも参照してください。
  • 大学院生による学部生向けセミナーでも、ときどきOEDの使い方を取り上げます。授業の中でも案内を配りますので、OEDの使い方に自信がない人は参加してください。

Online版のOEDは有料です。こちらのサイトをご覧ください

  • OEDをもとに作成した重要なデータベースに、University of GlasgowのThe Historical Thesaurus of Englishがあります。基本的には英語のすべての時代を網羅したthesaurusとなります。OEDのサイトからもアクセスできますが、OED版には古英語の一部の情報が含まれていませんので、Glasgow大学のサイトのものを使用するのがよいでしょう。

寺澤芳雄 (編)『英語語源辞典』(研究社)

英語の語源には興味があるという場合は、まず The Oxford English Dictionary をお薦めしていますが、自分のパソコンにインストールされていない場合は気軽にとはいかなくなります。そこで、この『英語語源辞典』を用意しておくという方法もあるかもしれません。解説が簡潔でわかりやすいです。

前の記事

コーパス言語学

次の記事

CLARIN-Historical Corpora