Bettelou Los, Chris Cummins, Lisa Gotthard, Alpo Honkapohja and Benjamin Molineaux (eds.), English Historical Linguistics. Historical English in Contact. Papers from the XXth ICEHL (John Benjamins, 2022)

語源的綴り字

2018年8月27日~31日にエディンバラ大学で開催された20th International Conference on English Historical Linguistics (ICEHL 20)で報告された論文から8点を収録した論文集です。この論文集の第8章として、堀田隆一さんとの共著論文を刊行しました。書誌情報は以下のようになります。

書誌情報

Hotta, Ryuichi and Yoko Iyeiri. 2022. “The taking off and catching on of etymological spellings in Early Modern English: Evidence from the EEBO Corpus”, in English Historical Linguistics. Historical English in Contact. Papers from the XXth ICEHL, ed. Bettelou Los, Chris Cummins, Lisa Gotthard, Alpo Honkapohja and Benjamin Molineaux, pp. 143-163. John Benjamins.

いわゆる語源的綴り字(etymological spelling)が初期近代英語期にどのように広がったかを、EEBO Corpusを利用して、量的に分析した論文です。

関連論文

授業

次の記事

言語変化