初期近代英語について

themedievalistの中に、“Medieval and Renaissance: What’s the Difference?”という記事があります。時代の区切りが解釈の問題であることがよくわかります。

初期近代英語という時代

初期近代英語(1500年頃ー1700年頃)は、比較的言語の変動が大きかった時代です。Terttu Nevalainen, An Introduction to Early Modern English (Edinburgh University Press, 2006) は、初期近代英語の全貌を見渡すのに最適な著書の一つです。英語も議論の進め方もすっきりしているので、これまでに数回、授業で使用しました。

少し詳しく学びたい場合は、Roger Lass (ed.), The Cambridge History of the English Language, Vol. 3: 1476-1776 (Cambridge University Press, 2000)も合わせて参照しましょう。

初期近代英語期はWilliam Shakespeareなどの著名な劇作家が出た時代でもあります。Shakespeareの英語に関する研究書や入門書は多数ありますので、言語についてのものを探して読むと、Shakespeareの英語だけでなく、初期近代英語全般についての示唆を得ることもできます。たとえば、Norman Blake, A Grammar of Shakespeare’s Language (Palgrave, 2001)などがあります。本書は、Shakespeareの英語はもちろんですが、初期近代英語全般について幅広い知識を身につけるのに最適です。コンパクトな印象の本ですが、扱っている文法項目がとても多いのが特徴的です。

初期近代英語を読むための辞書

初期近代英語の文献を読む場合、辞書はThe Oxford English Dictionaryでほぼ対応できます。ロングセラーのC.T. OnionsによるA Shakespeare Glossaryも、必要に応じて参照してみてください。

OEDについてのページへのリンク

Shakespeareの電子テキストへのリンク

Early English Books Online

初期近代英語に出版された大量の本のデータを収めたEarly English Books Online (EEBO) は、Brigham Young UniversityのMark Daviesのサイトに公開されているコーパスにも、EEBO Corpus(EEBOの一部)として収められています。こちらのコーパスのリストからEarly English Books Onlineを選択して検索してください。一部には、中英語の印刷本も含んでいます。データが膨大なので、文献の絞り込み(あるいは文献の選択)が必要になることもあります。

EEBO本体は、京都大学図書館機構のページのデータベースから、リンクをたどってください。データベース本体では、画像ファイルなどもダウンロードすることが可能です。

ウェブコーパスのページでも、EEBOについて詳しい情報を提供しています。

関連サイト

前の記事

道徳劇を読む