加藤泰彦・吉村あき子・今仁生美(編)『否定と言語理論』(開拓社, 2010)

本書には記述的立場、理論的立場から現代英語、英語史における否定を扱ったさまざまな論考が収録されています。第1部は統語論、第2部は意味論、第3部は語用論という構成になっています。

Lampeter Corpusの否定構文

本書の統語論のパートに、初期近代英語期のコーパスであるLampeter Corpusにおける否定構文の分析結果を論じた論文を寄稿しました。Law, Politics, Economy, Science, Religionというジャンルの違いによって否定構文の全般的特徴がどのように異なるか、また助動詞doの定着の度合いがどのように異なるかについてのデータを示しています。書誌情報は以下のようになります。

家入葉子. 2010.「初期近代英語における否定構文――Lampeter Corpusの調査から――」 加藤泰彦・吉村あき子・今仁生美(編)『否定と言語理論』 pp. 211-33. 東京:開拓社.

関連の論文